アウェイでのタイ戦でゴールを記録したFW浅野拓磨「成長した自分を見せたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。アウェイでのタイ戦でゴールを決めている浅野はタイのイメージについて語った。

◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

──タイについてのイメージは

「前回やった時もイメージは持っていましたが、自由にやらせると技術のあるチームだと思いますし、力は十分あるチームだと思っています。舐めてかかったら食われると思います。監督含めて、チームとしての危機感は持ちながら臨めると思います。気を引き締めて準備するだけです」

──前回は相手が前に来るという想定だったが逆に引かれたが、今回は前に来る可能性もあるが

「予想とすればその可能性はあるかもしれないですが、始まってみないとわかりません。前回もなかなかスペースがない中で、最後に裏を取って点も取れました。チーム全体としてもそこの意識は持てていたので、スペースがあってもなくても自分の特徴をしっかり活かすことができればゴールに近づけると思います」

「相手がどういった形で来るかはわかりませんが、勝ちに来ると思いますし、前から来ると思います。そうなったら僕の特徴はより活きると思うので、その準備をしっかりしながらピッチに立てれば特徴を活かしたいと思います」

──半年前とクラブでの状況も変わって、違う怖さを出せると思うが

「ドイツでやるようになって結構経ちましたが、自分の足りないところであったり、レベルとしてアップできているところもあれば、そうでないところもあります。プレーできれば、成長した自分を見せたいなというのはあります。それだけできる自信はあるので、良い準備をして臨めば、今の自分の力は十分出せるかなと思います」