ムアントンとACLで対戦した鹿島DF植田直通、タイについて「特徴は知っている」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、DF植田直通(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。AFCチャンピオンズリーグで対戦したムアントン・ユナイテッドを参考に、タイ戦への対策を語った。

◆DF植田直通(鹿島アントラーズ)

──タイについての情報などは入っているのか

「今日は映像などを見たりしました」

──タイの特徴は

「鹿島でムアントンとやった時も代表選手がたくさんいて、この前出ていた選手も今日見た映像にかなりいたので、戦い方はあまり変わらないかなと思います。特徴などは僕も知っているので、そういったものを伝えたり、練習で対策をしていけたらと思います」

──この間のサウジアラビアとの試合では左サイドを使っての攻撃が多かったですが

「今回は出場停止の選手がいるようなんですが、小さいけどかなりドリブルが得意な選手もいますし、そういった所の対応が重要かなと思います」

──出場したら経験が活きるのでは

「そうですね。経験を活かせたらと思います」

──そろそろ代表でも出場したいと思いますが

「選ばれるだけではいけないので、しっかりと準備したいと思います」

──自分と今出ている選手との差はどこに感じているのか

「経験で片付けられることが多いポジションだと思いますけど、そういったことは僕は気にしていません。タイプ的にも僕は違うと思うので、新たなセンターバック像を切り開いていきたいです。今出ている選手が2人いますが、2人の良いところを全て吸収したいと思いますし、吸収して超えていきたいと思います」

──超えていくためには右足のキックなどは有効では

「今日もゲームをやりましたが、どんどんフィードであったり、パスのところなどをやっていきたいと思います」

──監督からは何か言われたりは

「自分の良さをどんどん出していけとは言われますし、もっと強く行かないといけないなと思います」

──12月の経験からどんどん出たい欲があると思うが

「どんどん強まっているのもありますし、早く出ないとという危機感も持っています。しっかり準備したいです」

──昌子選手は出るなら2人で出たいと言っていましたが

「鹿島でやっていますし、一緒に出ることがあればすごく良いことだと思いますし、自分的にモチベーションも上がります。それを叶えるために準備をするだけです」

──前の試合で久保選手が結果を出したことに刺激は

「ポジションは違いますけど、オリンピック世代として一緒にやってきたので、ああやって出てというところに悔しさも感じますし、負けていられないなという気持ちです」