写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品の中から、先週のダウンロード数を集計して上位10作品でランキングを作成。今回は少女コミックランキングをお届けします。果たしてどの作品が1位に輝くのか!?

○同学年なのに20歳!? 2人だけの秘密のご褒美は大人のキス

10位 『西高校1年A組、菅原海くんは20歳。』(むが亮平/COMIC維新)

「絵柄もとてもさわやかで、話も胸キュン必須でした! 続きが待ち遠しいです」「(レビューより)

○イケメン兄とのまさかのラブストーリー

9位 『兄に愛されすぎて困ってます』(夜神里奈/小学館)

「絵が可愛くてテンポが良くて楽しい」「こんなお兄ちゃん欲しいよー!」(レビューより)

○これは少女漫画!? 「一生童貞」を誓った漫画家は巨乳の誘惑に勝てるのか

8位 『ぼくの輪廻』(嶋木あこ/小学館)

「ネットの漫画広告でためし読みして終わろうと思ったら、まさかの主人公モテそうなのにこんな展開とはかわいそう、不幸体質だなと……声だして笑ってました。エロチックな広告や表紙に見えますが、比較的健全だし、ギャグやストーリー展開が個人的には好きです」(レビューより)

○ドSな仮面彼氏の言葉責めに身もだえ!? 嘘から始まるラブストーリー

7位 『オオカミ少女と黒王子』(八田鮎子/集英社)

「サタ君の黒王子っぷりは、ホント、かっこいい。キュンキュンし過ぎて倒れそう。恋愛ストーリー的にベタだけど、それがまた良い。いやぁ、かっこよ過ぎ」「主人公に彼氏ができるいきさつ以外は、いたって平凡な毎日なのですが、学生時代に悩みそうな日常のトピックの度、学生らしい感情が吹き出てきてとっても引き込まれました。欲を言えば、卒業してからの2人の成長がもう少し丁寧に描かれて終わって欲しかったー! S男が段々丸くなる感じとか!?」(レビューより)

○あだ名は毒キノコ!? 地味ヒロインが理想の彼氏をゲットするまで

6位 『マイルノビッチ』(佐藤ざくり/集英社)

「この作品は1回目でハマってから何度か読み返しています。天佑大先生がイケメンすぎるしだんだん可愛いっていうところがとりあえずすばらしいんだけど、そこ以外にも恋愛の話ばっかしてるようで、人生論というか恋愛以外のことにも繋がる名言多いな〜って思いながら読んでます。まっすぐでありたいなと。恋愛に向かう人も、夢に向かう人も、いつも思うと思う。最後天佑に辿り着くまでがすこしもどかしいけど、読んでいてなんだか自分も頑張りたくなる、素敵な作品だと思います」(レビューより)

○イケメン2人はヒモ男とドS、彼らの愛の形は?

5位 『クズとゲス』(佐倉紫露/小学館)

「ゲスとクズの2キャラ、それぞれの女性と関わっていく中の成長がある! 現実だと、自分が付き合うのは無いわーって思うようなキャラなのに読むと、なぜかこんな愛の形もいいなー、みたいに思えてくるキュンってする! クズ君がとにかく可愛い! ゲスがだんだん愛をわかってく姿も微笑ましい!」(レビューより)

○気になる彼の職業は…、警官×女子高生の笑えて泣けるLOVE&COPストーリー

4位 『PとJK』(三次マキ/講談社)

「私は36のシンママですが、感動して泣いてしまいます!!いいな!青春!三門かっこいいよ!私も三門みたいな強い女になる!」「こんなイケメンで紳士なお巡りさんに出会いたい」(レビューより)

○包容力のあるオトナの男性と同級生に揺れる、田舎ガールの初恋

3位 『ひるなかの流星』(やまもり三香/集英社)

「半分過ぎたあたりから結末を予想しながら読んでましたが、紆余曲折にハラハラしっぱなしでした」「イラスト、内容共にサイト内で一番好きな漫画です。最初に読んだときは他の方のレビューのように先生とくっついてほしくてもどかしさを感じていました。でも結末を知った後に再度読むとまた違う角度から個々の気持ちが見えてくる気がします」(レビューより)

○お金を払えば希望が叶う!? 雇ったダンナとの"ニセ婚"の行方は

2位 『ニセ婚〜ダンナ雇用計画〜』(安タケコ/小学館)

「要所要所がきっちり描かれてるから短編なのに入り込めました」「強がり系の女子を懐柔してしまうキャラの男性陣に、年甲斐もなくキュンキュンしてしまいます」「なんとも、胸キュンでございました! 今の年で、この胸キュン度できる漫画は、なかなか無いと思います!」(レビューより)

○メガネ女子と不良男子、心に傷を抱えた2人の胸キュン学園ラブ

1位 『煩悩パズル』(川上ちひろ/小学館)

「真面目な女の子かと思ったら、全然おとなしくなくて意外でした。でもそこがよくある真面目な子と不良の恋愛の極端な感じとはちがって、リアルで共感できました」(レビューより)