Appleが、密閉型のiPhoneケースの特許を申請していたことがわかりました。ダイビングなどの水中でもiPhoneが操作可能になると考えられます。密閉状態が確保できていないとユーザーに警告する機能もあります。

気密性が確保できていないとユーザーに警告するケース

Appleによる、iPhone用の密閉型ケースの特許申請が、米国特許商標庁が現地時間3月23日に公開した資料から明らかになりました。
 
ケース内にはプロセッサとメモリ、小型バッテリーが内蔵されており、iPhoneとは独立した処理が可能であることを示しています。
 
ディスプレイをカバーする部分にはタッチセンサーを内蔵しており、ケース越しにiPhoneの操作が可能です。
 
背面には、気密状態を保つためのラッチが設けられており、しっかりロックされておらずにケース内の気密状態が確保されていないとメッセージでユーザーに警告します。
 
Apple iPhone ケース 特許

ダイビング用ケースを想定した特許?

Appleが2016年第3四半期(7〜9月)に提出した申請書類に、このケースの具体的な用途は記載されていませんが、高い水圧に耐えられる気密性が必要となる、ダイビングなどの用途が考えられそうです。
 
ちなみに、iPhone7/7 Plusで追加された耐水性能は、「水深1mの深さに常温で30分沈んでも耐えうる」水準であり、高い水圧のかかるダイビングなどの用途は想定されていません。
 

Appleは、非常に多くの特許を申請・取得しており、このケースが実際に製品化されるかは不明ですが、マリンスポーツを楽しむ方には製品化が楽しみなケースと言えそうです。

 
 
Source:PatentlyApple
(hato)