豪クイーンズランド州ウィットサンデー諸島沖合のグレートバリアリーフの空撮写真(2014年11月20日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリア北東部クイーンズランド(Queensland)州沖で、ここ数年で最大勢力のサイクロン「デビー(Debbie)」が発生し、数日後に上陸することが予想されることから、周辺地域の住民らが避難を始めたり、学校が休校したりしている。

 オーストラリア気象局は、デビーは28日に上陸すると予想され、その際の中心部の勢力は「非常に破壊的」であるとして、警戒するよう呼び掛けている。

 デビーは発達を続け、現在のところ28日午前にタウンズビル(Townsville)とプロサーパイン(Proserpine)の間の沿岸から上陸するとみられ、その際の中心付近の最大風速は約72メートルと予測されている。

 クイーンズランド州沖のウィットサンデー(Whitsundays)諸島では26日、住民らに高潮への警戒が呼び掛けられるとともに避難勧告が出された。
【翻訳編集】AFPBB News