写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の中野裕太、台湾人女優のジエン・マンシューがW主演を務める日台共同制作映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』が、5月27日から日本で全国公開されることが25日、明らかになった。

同作は、台湾人女性リンちゃんと日本人男性モギさんがFacebookを通じて出会うという実話の物語。国境を超えて距離を縮める2人がゴールインするまでを描く。2人の日常を紹介したFacebookページは32万人以上のファンを持つなど人気ぶり。書籍化した『ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。』(新潮社)を原作に、谷内田彰久監督が映画化する。

リンちゃんを演じるのは、台湾の映画祭で最優秀助演女優賞を獲得するなど、台湾で演技派女優として注目を集めているジエン・マンシュー。モギさんを演じるのは、『もうしません!』で映画初主演を務め、『新宿スワンII』では物語のキーパーソンとなるハネマンを演じるなど、活躍の場を広げている中野裕太だ。

日本では新宿シネマカリテに加え、4月29日にグランドオープンする新しい映画館ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でも上映され、他順次全国公開。台湾では6月16日に公開される予定。