25日、中国・海南省で開幕した国際会議「ボアオ・アジアフォーラム(BFA)」の会場に、中国の女優タン・ウェイが姿を見せた。

写真拡大

2017年3月25日、中国・海南省で開幕した国際会議「ボアオ・アジアフォーラム(BFA)」の会場に、中国の女優タン・ウェイ(湯唯)が姿を見せた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

25日、海南省の博鰲(ボアオ)で国際会議「ボアオ・アジアフォーラム」が開幕。同日夜のフォーラムには、国際環境NGOコンサベーション・インターナショナルに招かれて女優のタン・ウェイが出席した。

タン・ウェイは14年8月、中韓合作映画「レイトオータム」をきっかけに知り合った韓国人監督キム・テヨンと結婚。昨年8月、第一子となる長女を出産した。出産後は公の場面に登場することが少なく、最後に姿を見せたのは昨年11月のこと。映画「ラスト、コーション」で自らを世に送り出してくれた恩師、アン・リー(李安)監督の最新作「ビリー・リンの永遠の一日」をPRするためのものだった。

出産後、中国で姿を見せたのはこれが初めてだが、変わらず美しい姿にファンが歓喜の声を上げている。この日は真っ白で爽やかな印象のワンピースに身を包み、知的でナチュラルな美しさを放っていた。(翻訳・編集/Mathilda)