土屋太鳳

写真拡大

亀梨和也と土屋太鳳初共演で映画化された『PとJK』の初日舞台挨拶が3月25日に新宿ピカデリーで行われ、亀梨と土屋をはじめ、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督が登壇した。

亀梨和也と土屋太鳳が警察官と女子高生の年の差結婚映画『PとJK』で初共演

亀梨扮するイケメンなP(POLICE・警察官)と土屋演じる恋愛初心者のJK(女子高生)との秘密の結婚を描いた本作。この日の舞台挨拶の模様は全国135館の劇場で生中継され、亀梨は「今日は全国にこの模様がライブビューイングで生中継されるということで緊張していますが、ぜひ映画を見る前に楽しんでいただけたらと思います」と挨拶。

土屋は「桜の開花宣言が出ましたけど、『PとJK』という素敵なお花が全国で開花することを心から願っております」と話し、高杉は緊張のあまりマイクを通さず挨拶する場面を見せるも「いよいよ、みなさんに僕が演じた大神を見ていただけるということで緊張しています」、玉城は「初日を迎えたということに段々と実感が湧いてきています。短い時間ですが最後まで一緒に楽しんでいってください」、廣木監督は「初日にようこそおいでくださりましてありがとうございます」とそれぞれ挨拶をした。

また、亀梨と土屋に、互いの撮影当初の印象とプロモーションを経た現在の印象を質問する場面も。これに亀梨は「本当に真っ直ぐで純粋でしっかりした方だなという印象です。撮影やプロモーションを通して、彼女の天然というか独特の空気感というのは改めて魅力的だなと感じました」と土屋の人柄を絶賛!

対して土屋は「お会いするまではクールな印象だったんですけれど、実際お会いすると元気で優しくて面白くて、松岡修造さんに会った時のような衝撃を受けました!」と明かし、亀梨はすかさず「元気か! 今日はどうだ! …こんな感じ?(笑)」と熱血漢の表情を見せ、会場の笑いを誘っていた。