今野の離脱を「痛い」と語るG大阪MF倉田秋、ボランチでの出場に「攻撃ではプラスアルファを求められている」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ケガで離脱した同僚のMF今野泰幸について語り、ボランチでの出場への意欲を見せた。

◆MF倉田秋(ガンバ大阪)

──代表チームははいかがですか

「だいぶ慣れましたね。みんなと喋れるようになったので(笑)」

──今野選手が帰ってしまいましたが

「今一番ノリノリの選手だったので、痛いですけどね。長谷部さんが出られなくなって、みんなでカバーして良い勝利ができたので、今度は今ちゃん(今野泰幸)の分をみんなでカバーして絶対勝ちにいきたいです」

──タイ戦は違うポジションで出る可能性もあるが

「ガンバでも色々なポジションでやっているので、どこで出てもやれる自信はあります。自分が持っているものを出せればと思います」

──今野選手がやったようなインサイドハーフと、ダブルボランチという選択肢が監督にはあると思うが、代表での役割の違いはどう感じているか

「今ちゃんのようなプレーは僕はできないので、守備は決められたことをしっかりやって、攻撃ではプラスアルファを求められていると思います。相手のタイは引いてくる可能性があるので、引いた相手に対して自分の位置から良い仕掛けでスピードアップができれば、良い攻撃参加ができると思います」