一見冷たそうに見えるけど、二人っきりになるとイチャイチャしだすツンデレ女子や、かわいいけど天然なおバカキャラ女子や母性で包み込みまくりの女神女子――などなど、いろんなタイプのモテ女子がいますが、ここ最近のモテ女子の傾向は“クレバー女子”です。
それでは一体どのような女子が“クレバー女子”なのでしょうか?

芯がブレない女子

我が強いということではなく、自分自身をちゃんと持っている女子のことです。言っていることとやっていることが異なったり、人の意見に流されやすい方っていますよね? 人は人、自分は自分と考えたり行動したりでき、しっかりとした印象を受けるのがクレバー女子の特徴です。

空気が読める+変えることのできる女子

空気が読めるというのは、その場の状況を察することができるわけですが、それが悪い空気だった場合に、うまく空気の流れを変えたり、潤滑剤になったりできる女子こそがクレバー女子です。場の雰囲気を察して、余計なことを口にしないようにすることは誰でもできますが、そこから+αベストな判断ができるかできないかで差が出ます。

話題が豊富な女子

これは知識だけではなく、経験も豊富であることが必要で、いくら博識であっても中身が伴わなければ説得力に欠けてしまいます。そういった経験を踏まえた上での話題が豊富な人と一緒にいると誰でも楽しいですし、勉強になりますよね。クレバー女子は、そういった引き出しもいっぱい持っているのです。

男性を立てる女子

クレバー女子は能力的に男性に勝っていたとしても、同じ土俵にはあがりません。男性にできることと女性にできることは異なると理解しているので、男性をコントロールする側にまわります。間違っても出しゃばって自己主張するなんていう無駄な労力は使うことなく、謙虚に振る舞うことができるのです。

甘え上手な女子

“甘える”のは“媚びる”ことと同じと勘違いしている女子も多いのですが、クレバー女子は、甘えて頼ることは、男性に自信を持たせて育てることにつながるのをわかっているのです。上から目線で「お願いね!」と言われると不快に思うかもしれませんが、「頼りにしてるので、お願い!」と言われると“しょうがないなあ”と思うものです。
もちろん、その後はお礼も忘れずに! 「お礼に一杯奢らせて」と言って誘っておきながら、すっかりごちそうになったりするのですが、決して男性を不快な気持ちにはさせません。

いかがでしたか? 目指すならクレバー女子です。このクレバー女子は、どんなにトレンドの流れが変わろうとも結果的にいつも安定しているように思います。そして誰からも必要な存在なのだと思いますよ。