写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ビッグサイトで開催された「第44回 東京モーターサイクルショー」にて、カワサキモータースジャパンは「Z1000 ABS」「Ninja 650 ABS」「Ninja 400 ABS Limited Edition」など発売前の最新モデルや、発売されたばかりの「Ninja 1000 ABS」「VERSYS-X 250 ABS」、そして海外モデルの「Ninja H2」といった多数のモデルを出品したほか、モーターサイクルとともに歩むライフスタイルの展示を行った。

カワサキの展示は、スポーツモデルの「Ninja」シリーズとネイキッドモデルの「Z」シリーズが中心となり、アドベンチャーモデルの「VERSYS-X 250 ABS」と「VERSYS-X 250 ABS TOURER」が加わる構成となっていた。

「Ninjaシリーズ」では、スポーティなフォルムに卓越した走行性能や扱いやすさも加えたスポーツツアラー「Ninja 1000 ABS」、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮するパラレルツインエンジンを搭載し、ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとした「Ninja 650 ABS」「Ninja 650 ABS KRT Edition」、そして海外モデル「Ninja H2」などを展示していた。

事前の告知では「Ninja 400 ABS」としか発表されていなかったが、4月15日の発売を控えた「Ninja 400 ABS Limited Edition」も展示された。タンクカバーやアンダーカウルに水転写によるカーボングラフィックを採用したほか、「Limited Edition」専用タンクパッドの採用やABS装備などが行われた300台限定のモデルだ。

「Z」シリーズでは、軽量でスリムな完全新設計のフレームと、低中速回転域での豊かなトルクや高速回転域でのスムーズな吹け上がりが特徴のパラレルツインエンジンを搭載した「Z650 ABS」、圧倒的な迫力を持つ「Sugomi」スタイリングに力強い加速とリニアなレスポンスの水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載した「Z1000 ABS」のほか、海外向けモデルの「Z250 ABS Special Edition」、フロントフォークアウターチューブにゴールドアルマイト加工などが施された「Z125 PRO Special Edition」を展示していた。

「VERSYS-X 250 ABS」と「VERSYS-X 250 ABS TOURER」は、高い汎用性を持つアドベンチャースタイルのツーリングモデル。ロングストロークフロントサスペンションとリンク式のリヤサスペンションなどによる未舗装路での高い走破性に加えて、「VERSYS-X 250 ABS TOURER」ではツーリングをより快適に楽しめるパニアケースやエンジンガードなどのアクセサリーが標準装備されている。

(木下健児)