タイ戦に向けた攻撃イメージを語るFW原口元気「引いてくるならサイドがポイントになる」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。UAE戦を振り返りながら、タイ戦の対策などを語り、「サイドがポイントになる」との見解を明かした。

◆FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

──UAE戦への準備はどういった感じでやったのか

「監督からこうしろと言われて、近い選手で話して、試合までにどれが一番良いのかというのを監督にぶつけたり、選手たちで話し合ったりするということをしました」

「試合を追うごとにコミュニケーションの質が上がっているので、監督も話を聞いてくれるようになりました。結局は監督がこうっていうものを言いますけど、コミュニケーションを取っていきたいです」

──具体的にどういったことを

「守備の組織が大事なので、UAE戦はとりあえず10番の選手(FWマタール)とサイドバックの攻め上がりにどう対応するかというのがポイントでした。そこは上手い具合に3人で、(長友)佑都くんと今さん(今野泰幸)と10番を見ながら、サイドバックも見ながらやっていました」

──見方を変えてという話がありましたが

「佑都くんはつくなら最後までついていけという感じだったんですが、それだとあまりにもスペースが空くので、俺がそこで毎回帰っているとしんどいから、今さんが見たりとか、(マークを)受け渡すタイミングとかを凄くやっていました」

──タイ戦はまた違う感じになると思うが

「攻撃ですよね。相手がどうやってくるかイマイチわかりませんが、引いてくるならサイドがポイントになります。そう意味では僕のポジショニングの取り方が大事になるかなと思います」

「張るタイミングと張りすぎても右サイドからの攻撃に遅れてしまうので、どのタイミングで中に入るか、中入った時にサイドバックが上がるかとか、そういったこと1つ1つを話し合っていかないといけません。引いてくるのであれば中に入らない方がいいと思いますし、外で幅を作らないと窮屈になるというイメージです」