Doctors Me(ドクターズミー)- その疲労感、眼精疲労のせいかも! 目から来る疲れの対策法は?

写真拡大

現代生活では多くの人がパソコンやスマホを凝視する時間が長くなっています。それにともない、若い方でも目の疲れを訴える方が多くなっています。そこで今回は現代人に多い眼精疲労について、医師に解説していただきました。

眼精疲労の定義とは?

眼精疲労とは、目や全身の異常によって目の疲れや痛み、頭痛などを引き起こす状態と定義されています。
「疲れ目」は医学用語ではありませんが、眼精疲労と同じような意味合いで使用されることもありますし、「眼精疲労は目だけでなく首・肩・背中・腰などへの影響も含んだ用語」「疲れ目は目だけの症状を指す」といったふうに使い分けられる場面もあります。

パソコン作業やスマホ画面での操作をしていると、どうしても背中が猫背になり、肩を縮めて首を前に倒して作業することになります。手首を宙に浮かせて作業したり、小さいキーボードで無理に作業をしたり、正面ではなく左右どちらかにあるモニターに顔を向けて作業することもあるでしょう。

休憩を取ることなくそういった作業を続けていると、首・肩・頭皮・腕・手首・背中・腰と、多くの筋肉に負担がかかり、凝りや痛みが生じてしまうのです。

メガネやコンタクトが合っていないと眼精疲労に!

近くを見て作業する場合、作業距離にあったメガネ・コンタクトレンズを使用しないと、疲れを悪化させます。特に40代以降になって老眼が出てくると、適切な老眼鏡を使用しないと疲れが出ます。

また、近視の方でも、遠くが見えやすいようにとメガネやコンタクトレンズを調整されている場合、同じ度数で近くの作業をすると疲れてしまいます。
40代を過ぎたら、近くを見るときにあわせたメガネやコンタクトレンズを作成したり、遠近両用に変更することも考えてみてください。

斜視でもメガネで疲れが改善できる場合がある

視線の向きがずれる斜視・斜位がある場合、角度は小さくて外見上ははっきりと分からなくても、疲れの原因となることがあります。
下記内容に思い当たる方は、角度が小さい「斜視・斜位」があるかもしれません。

・ぼうっとテレビを見ていると、視線が外にずれていると家族に指摘される
・じっと近くを見ていて疲れてくるとものが二重に見えてくる

こういった場合、プリズムという光の角度を曲げる力のあるレンズをメガネに組み込むことで、疲れを改善させられる可能性があります。

ストレスも眼精疲労を引き起こす

緑内障や脳の病気によって視界が狭くなっている場合にも、疲れを感じることが多くなります。これは眼科での視野検査や眼底検査、脳のCTやMRI検査で判断します。

その他、眼精疲労には下記の中で起こるストレスが大いに関係します。

・生活環境
・職場環境
・通勤


特に仕事でパソコンを長時間使用される方の場合、ディスプレイの明るさ調節や、オフィスの照明や太陽光がモニターに映りこまないようにする、エアコンの風が顔に直接当たらないようにするなどの環境整備が必要です。

ノートパソコンよりもデスクトップパソコンのほうが、ディスプレイとの距離を保ちやすく、キーボードも手に合わせてゆとりのあるものを使用しやすいため、長時間作業に向いていると考えられます。

眼精疲労を和らげる4つのポイント

下記、4つのポイントに気をつけて過ごしましょう。

・作業に合った度数のメガネやコンタクトレンズを使用する
・斜視・斜位がないかを知り、ある場合はプリズムメガネを使用する
・作業環境を整え、1時間に1回は休憩を取り、ストレッチなどで筋肉をほぐす
・目を温めて血流を良くしたり、ビタミンBを含む食事を取る

医師からのアドバイス

パソコンやスマホの必要性は今後も高くなると予想されますので、眼精疲労の対策をし、できるだけ快適に使用できるように心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)