事故現場を封鎖する、米ニュージャージー州ホーボーケンの警察官(2016年9月29日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米オハイオ(Ohio)州シンシナティ(Cincinnati)のナイトクラブで26日未明、銃撃があり1人が死亡、少なくとも14人が負傷したと地元メディアが報じた。

 現地警察が地元のテレビ局WLWT5に語ったところによると、銃撃発生時のナイトクラブ「カメオ(Cameo)」の店内には数百人がいて、客らはパニックになって逃げだした。シンシナティ警察は15人が撃たれ、このうち1人が死亡したと述べている。

 別の警察官はABCニュース(ABC News)に、銃撃があった店内を「大規模で混乱した殺人現場だ」と表現した。銃撃犯の所在は不明。現段階で身柄を拘束された人物はおらず、警察は、午前1時(日本時間同日午後2時)ごろに発生した銃撃について、目撃者たちに当時の様子を聞いているという。

 またCNNの取材に応じた別の警察関係者は、銃撃した人物は1人ではなかったことは確実だが、2人以上いたかどうかは現時点では不明だと話した。
【翻訳編集】AFPBB News