五稜郭公園/園内の桜の見どころや周辺グルメも多い。たとえば……

写真拡大

函館・五稜郭公園は大人気の花見スポット。特に、桜が咲き始める4月下旬から5月上旬ごろは多くの人でにぎわいます。北海道だと「花見するならジンギスカン」はすごく普通の組み合わせなので、グループでジンギスカンを楽しむ姿も。そんな北海道の花見の定番・ジンギスカンを手ぶらで楽しめるサービスや周辺グルメ、もちろん五稜郭公園の花見情報もたっぷり紹介しますね!

五稜郭タワー展望台からの桜

■ 星形を縁取る約1600本の桜「五稜郭公園」

桜は1914(大正3)年に函館毎日新聞社が発刊から1万号に達したことを記念し、植樹したのが始まり。現在は、一周約1.8kmある星形の堀の周りを縁取るように約1600本の桜が植えられています。散り際には、堀の水面に浮かぶ花びらのじゅうたんも美しいですよ。五稜郭公園の桜はいろいろな楽しみ方ができまして……

五稜郭タワー展望台からは、地上90mから星形の全景が楽しめます。

五稜郭公園内にある箱館奉行所。桜越しに見る奉行所も情緒豊かでいいですね。

貸しボートに乗って堀から眺める桜も格別。店は園内の二の橋付近にありますよ。

そして、見ごろ時期には夜桜のライトアップも(19:00〜21:00。土日祝は〜22:00の予定)。五稜郭タワーに近い一部のエリアにのみ提灯がぶら下げられます。

【五稜郭公園】■住所:函館市五稜郭町44 ■電話:0138・40・3605(函館市住宅都市施設公社花と緑の課) ■時間:郭内は5:00〜19:00、郭外は24時間 

さて、見どころたくさんの五稜郭公園で「手ぶらジンギスカン」を楽しむならコチラ。

■ サンフレッシュサービスの「五稜郭のお花見プラン」

肉や野菜、箸、皿などが付き、カセットコンロやガスボンベなどの器材も貸してくれるフルパッケージ。ジンギスカンのほか、オードブルやおにぎりなどのサイドメニュー、ソフトドリンクやビールも販売しています。4月上旬から予約受付を開始するので、料金など詳細は問い合わせてみよう。

■場所:花見電飾エリア内(郭外南側植栽地) ■電話:090・6694・7500 ■時間:花見電飾期間中の11:00〜15:00、17:00〜21:00 ■休み:雨天時

続いて、五稜郭公園周辺のオススメグルメ。スイーツにラーメンに地元名物に、いろいろありますよー。

■ 店内の大窓から眺める桜に感動「六花亭 五稜郭店」

喫茶室を併設した六花亭の直営店。五稜郭公園に隣接して立っていて、店内の大窓から見える五稜郭公園の景色は、まるで一枚の絵画を見ているような美しさ……。喫茶室では、ワッフルやホットケーキなどが味わえ、購入した商品を食べながらひと休みすることもできますよ。オススメは、外はカリッ、中はふんわりの「サクサクワッフル」(1個 190円)。苺クリームとブルーベリー入りヨーグルトクリームの2種類あります。

■住所:函館市五稜郭町27-6 ■電話:0120・12・6666 ■時間:10:00〜17:30(LO17:00)、ショップは9:30〜18:30(季節により変動あり) ■休み:なし ■席数:24席(禁煙)

■ 昆布ベースの豊かな味わい「函館麺厨房 あじさい 本店」

創業80年以上の歴史に甘んじることなく、常に進化し続けてきた老舗。スープは鶏ガラをメインに豚骨や道南産の昆布、煮干しやカツオ節などの海産物も使用した奥深い味わい。中細のストレート麺との相性も抜群です。オススメは、やっぱり「味彩塩拉麺」(750円)。休日には行列必至なので余裕を持って訪れよう。

■住所:函館市五稜郭町29-22 イーストフォートビル2F ■電話:0138・51・8373 ■時間:11:00〜20:25(LO) ■休み:第4水曜(11〜3月は第2・4水曜) ■席数:56席(分煙)

■ 地元で愛されるソウルフード!「ラッキーピエロ」

オススメは「チャイ二ーズチキンバーガー」(378円)。約20種類あるハンバーガーの中で、年間で30万個も販売しているベストセラーです。中華味の唐揚げが3個も入ってボリューム満点! 函館に来たら、食べずには帰れない名物グルメですよ。

【ラッキーピエロ 五稜郭公園前店】■住所:函館市五稜郭町30-14 ■電話:0138・55・4424 ■時間:10:00〜24:30、土曜は〜翌1:30 ■休み:なし ■席数:54席(分煙)

函館・五稜郭公園に来たら、花見もグルメも両方堪能してください! 花見ジンギスカンもおすすめですよー。

【北海道Walker編集部】