BIGBANGのG-DRAGON、圧倒的なオーラに視線集中…フランスの雑誌に登場

写真拡大

BIGBANGのG-DRAGONが、デザイナーカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の一団としてフランスのマガジンに登場した。

マガジン「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」4月号では、CHANELの首席デザイナーであるカール・ラガーフェルドと、世界的なスターと一緒にしたグラビアが掲載された。

本誌でG-DRAGONは、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、ウィル・スミス(Will Smith) の娘であるウィロー・スミス(Willow Smith)、グローバルなファッショニスタ カロリーヌ・ド・メグレ(Caroline de Maigret)、中国出身のトップモデル刘雯(Liu Wen) と共に、カール・ラガーフェルド師団の一員として『2017 秋シーズンCHANEL』のオートクチュールグラビア撮影に参加。

G-DRAGONは、金髪にファーがあしらわれた華やかなコート、黒のワイドスラックスをマッチさせ、ユニークな秋のファッションを完成させた。

現在、G-DRAGONはソロアルバムの準備に没頭している。