Jung Key「人気歌謡」で少女時代 テヨン&GOT7を抑えて1位を獲得!豪華なカムバック&デビューステージも

写真拡大

Jung Keyが聴かせる音楽の力を見せた。

韓国で26日に放送されたSBS「人気歌謡」では、Jung Key、少女時代 テヨン、GOT7が1位候補となった。トロフィは「負担になる」を歌ったJunk Keyのものになった。放送出演なしでも1位を手に入れる快挙を成し遂げたのだ。

この日の「人気歌謡」では、カムバックとデビューステージが続いた。CNBLUE、GOT7、MONSTA X、Tiny-GのJ.Minがカムバックステージを披露した。

BEASTではなくHighlightになって戻ってきた5人の新しいデビューステージ、PRISTIN、MVPのデビューステージが豊かさを与えた。

この日の「人気歌謡」にはCNBLUE、Highlight、B.A.P、BTOB、GOT7、LOVELYZ、GFRIEND、MONSTA X、Melody Day、gugudan、VICTON、ROMEO、Tiny-GのJ.Min、PRISTIN、今月の少女1/3、MVPが出演した。