1

まだまだ夜はバイクが寒い季節が続いてますね。しかし!今回は「これを読んだらバイクに乗らざる得えない!」的な心境になってしまうバイク漫画をご紹介します。

以前MotoBeでも「恋ヶ窪ワークス 上巻」を紹介しました。これはその続き、下巻。

今回も思わず頷いてしまうような面白い内容になっています!

物語のいたるところに直接的じゃないんだけど、そういえばバイクってこういう乗り物だな、と思わせてくれる絵だったりエピソードが散りばめられているんです。

主人公の少女「あやめ」が近所の少年を乗せ、転校してしまう友達に会いに行くシーンなど、走ってる途中で見つけた花をプレゼントするんです。これって別に車でもできるんですがよく考えるとバイクで走ってて偶然見つけた花。「これってバイクだからできたんだよな」と思ってしまうわけです。

下巻でもマニアックなバイクはたくさん出てきます!今回は車も一部登場。バイク屋の店長「ボス」とバトルを繰り広げます。

他にも関西弁の新キャラ少年が乗るバイクは「YAMAHA RZ250(350?)」。足回りもカスタムされていて、キャラ自体も若者独特の刺があるキャラです。

数年前の僕と言うことが全く同じで妙に納得してしまいました。

「これ何のバイクなんだろ?」と、気になってるアナタのために、下巻では今まで登場したバイクの解説ページもあります!

「ここまで細かく紹介する必要あるのか…?」と思ってしまうくらい完璧に紹介してある面白いコーナーです。

下巻でも新キャラがたくさん出てきます!

中でも大きく出てきたのはベスパに乗る「アンジュ」。なぞめいた感じがとても魅力的なキャラです。

ほかにも先程紹介したRZの少年や、グラスホッパーに乗る旅ライダーなど、見ていて飽きないキャラばかりです!

RZの少年がバイク屋の店長「ボス」に勝負を挑みに言った時のセリフ「今しか見られないものがある」。ボスのセリフは毎回深い感じなんですが、RZの少年が自分とかぶっていることもあってこのセリフは思わずグッときてしまいました…。こういう部分でもバイクを教えてくれる漫画です。

下巻ラストでは甘酸っぱいバイク青春ストーリー「はじめてのタンデム」や、笑いあり涙ありの「極楽ライダー」など短篇集も含まれています。以前紹介した「グッバイエバーグリーン」も一話収録されています。

色々とご紹介しましたがこの漫画について個人的に一番伝えたいことは「バイクに乗る前の人にも読んで欲しい」ということ。

もちろん既にバイクに乗っていて、僕のようなバイクを愛してやまない人が読んでも面白いんですが、バイクをまだあまり知らない人が読んでも面白いし、バイクのイメージがより具体的に見えてくると思います。

是非恋ヶ窪ワークスを読みながら「バイク買ったらあれやってみよう!…いやこれもいいな!」と妄想を膨らませてみてください。MotoBeおすすめの作品です!

書名:恋ヶ窪★ワークス 下
著者:せきはん(大森しんや)
発行:アース・スターエンターテイメント
発売:泰文堂(東京)
判型・価格:B6判272ページ・700円+税

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

バイクってどういうものかを感じられる漫画「恋ヶ窪ワークス」の下巻が発売!(http://clicccar.com/2017/03/26/455784/)