心理テストで簡単チェック!男運が悪い女性の共通点&脱却方法とは?

写真拡大

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

あなたは自分の「男運」に関してどんな風に感じていますか?
実は、「男運が悪くて……」というご相談は意外と多いのです。
そこで、突然ですが質問です!

塔が立っていて、それがあなた自身だとします。
さて、そこから見えるものは以下の4つのうちどれでしょう?

A. 湖に浮かんでいる白鳥
B. 輝く太陽
C. 人
D. 深い森

これは潜在意識の願望が分かる心理テストで、その人の「男運」 が分かるのですが、答えはのちほどお話するとして……。
今回は、男運が悪いと嘆く人の共通点と脱却法についてお話したいと思います!

●(1)強すぎる「依存」と「願望」が恋を遠ざける

そもそも「男運が悪い」というのは一体どういうことかというと……
・ ダメ男に惹かれて付き合ってしまう
・ 浮気されやすい
・ 非はないと思われるのに、相手の方から振ってくる

などが挙げられます。

恋愛カウンセラーの御瀧政子さんによると、「男運が悪い」と嘆く人には共通点があって、それは、「男性に尽くすのが生きがい」、「恋人がすべて」、「つき合うとすぐ結婚を口にする」ということなんだそうです。
つまり共通するのは、男性中心の生活 をしてしまう女性で、相手の男性に対する依存度が高過ぎる ということ。

「男性に尽くすのが生きがい」……手作りのお弁当から手作りのマフラー、彼の部屋の掃除から洗濯。
甲斐甲斐しく尽くすのはいいけれど、自分の満足のためや、自己犠牲こそ愛なんて思って一方的な押しつけ をしていないでしょうか。

自己犠牲が高じてお金を貸してあげたり、出す事を当たり前に習慣づけて彼のお財布になった経験はないでしょうか。
生まれつきのダメ男なら仕方ないですが、交際した男をことごとくダメ男にしてしまう女性がいます。

その場合、非は男性側にあると言い切れないですよね。

「恋人がすべて」の人も注意。
相手はすがられているような重い気分になり、逃げ出したくなります。
「甘え過ぎ」「すぐ泣く」も同様で……泣いて許してもらおうと思うのだって依存や甘えの心理です。

また、相手の男性の気持ちがまだ盛り上がらないうちに「結婚」を口に出すのはタブー。
数回デートしただけでその言葉を出されると、男性の気持ちが萎えて逃げられてしまう、あるいは「この人とは付き合っても結婚はしたくない」と反対の感情を持たれる 可能性もあります。

●(2)“恋愛キーワード”をみつける

御瀧さんによると「男運が悪い」と嘆く人の多くは、『恋に対する方向性がハッキリしていないことが原因になっている』のだとか。
恋愛に対する自分独自の考え方がハッキリしていない と、「今つきあっている人が一番私に向いている」と信じ切ってしまったり、ダメな相手だと薄々気づきながらキッカケが作れず何となく続けてしまうことがあります。

御瀧さんがいう『方向性』をハッキリさせるためには、自分が望む恋愛像 に恋愛の条件とでもいうべき「キーワード」を見つけるといいでしょう。
まずは1つでいいです。
たとえば、「安心感」「将来性」「やさしさ」「裕福」「価値観の一致」といったもの。

場合によっては「容姿」や「スタイル」でもOK。
ただし重要なことは、その条件だけは絶対に譲らないという意志 を持つことです。

それだけは譲らないと思うことが、あなたを強くします。

●(3)過去の恋の呪縛を解く

過去のものへの執着も男運を下げます。

「何かを捨てないと何かを得られない」という言葉を聞いたことがあるでしょう?

部屋の中に、昔の恋の思い出 のモノがたくさんあったりしませんか?
もう絶対読まない古い本屋雑誌が積みっぱなし、着ない洋服も山のようにとってある……そういう人は、何を捨て、何を残すか判断が出来ず、整理が出来ません。