屋比久知奈&ROLLY

写真拡大

 ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」の日本語吹き替え版で、主人公モアナの声を担当した屋比久知奈と巨大なカニのモンスター・タマトア役のROLLYが3月26日、東京国際フォーラムで行われた「フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート」にゲスト出演した。

 同作は今月10日に公開され、前日までに興収25億円を突破。観客動員もこの日までに200万人を超える勢いで、屋比久は「モアナは明るくて、優しくてチャーミングな女の子。すぐ大好きになったキャラクターなので、演じられて光栄、幸せでした」と満面の笑み。主題歌「どこまでも How Far I’ll Go」でのびやかな歌声を響かせ、観客を魅了した。

 一方のROLLYは、輝くものが大好きで自らを着飾るタマトアのような極彩色の衣装で登場し、「僕はタマトアになるために、53年前に生まれたんです」とアピール。劇中曲「シャイニー」で独特のパフォーマンスを披露していた。