「プロデュース101」出身イ・ヘイン、パニック障害で所属事務所を退社(全文)

写真拡大 (全2枚)

Mnet「プロデュース101」出身で、I.B.Iのメンバーイ・ヘインがパニック障害で所属事務所HYWYエンターテインメントを退社した事実が一歩遅れて知らされた。

イ・ヘインは25日、自身のInstagram(写真共有SNS) を通じて、パニック障害のためデビューチームから抜け、所属事務所HYWYから出た後、現在の治療法で休息期間を過ごすと明らかにした。

イ・ヘインは「前所属事務所在籍時代に、諸事情によりパニック障害と診断された。現所属事務所HYWYに入ってグループデビューの準備に入っていたが、病院では休息が必要と診断され、デビューチームから抜けたいという意思を会社に伝えた」と述べた。

続いてイ・ヘインは「現所属事務所HYWYは私の状態を心配して、複数の面で助けてくれ、条件なしに私の意思を聞いてくれた。多くの方々が誤解するであろう事務所とのトラブルによるものではないと言いたい。練習生の身分だったので退社理由について公式に立場を発表していなかったが、誤解が続くといけないので、一歩遅れたが事実を知らせる」と強調し、それ以上の誤解や憶測がないことを頼んだ。

現在イ・ヘインは6ヶ月の治療期間と休息期間を経て好転した状態だという。イ・ヘインは「今年は早めに良いニュースでお会いできる予定なので、もう少し待っていてほしい」と付け加えた。

イ・ヘインはMnet「プロデュース101」に参加した練習生の最終メンバー11人には残らなかったが、多くの愛を受けた人物だ。昨年プロジェクトグループI.B.Iの活動を終えた。

以下はイ・ヘインの公式立場全文である。

こんにちはイ・ヘインです。

最近悪質な書き込みや誤解により、それについて正します。

まず、私がHYWYエンターテインメントを出ることになった理由は、以前所属していた事務所での多くの問題にトラウマが生じ、病院でパニック障害と診断されたことによるものです。

その後、宿舎生活が難しく事務所の方々と何度も話を交わし、時期的にグループデビューの準備に入らなければなりませんでしたが、私の体と心の健康上の問題によりすぐにはデビューのためのハードトレーニングが難しく、病院では休息が必要と診断され、私は周りに迷惑をかけることが恐ろしく、私に耐えられるだろうかと自分に確信が持てず、デビューチームを抜けたいという意思を事務所に伝えました。

事務所では私の状態を心配して、複数の面で支援してくださり、メンバーや事務所の方が誰よりも心配してくれました。そして回復して再びデビューの準備をする可能性を信じて、条件なしに私の意思を尊重してくださいました。事務所を出た後も、すでに決まっていたドラマの撮影現場のことも心配して助けてくださったように、多くの方が誤解される事務所とのトラブルでこのようなことになったのではないと言いたいです。

私は練習生の身分だったので、会社を退社した理由について公式立場を明らかにはせず、それぞれの位置で最善を尽くし過ごしていましたが、沈黙の中で誤解が続くことのないように、遅ればせながら事実が重要であると考えて文を書きます。

メンバーのイ・スヒョンは現在デビューの準備をしているので会えないけれど、すべてのメンバーとスタッフの方々と連絡を頻繁にやりとりしていて、以前よりもよく話しています。

私はまた、6ヶ月の治療期間と休息期間を経て、今は十分に好転した状態であり、今後の歩みについて事務所関係者以外にも多くの方々と話をしながら過ごしており、今年は早めに良いニュースでお会いすることができる予定なので、もう少しお待ちください。

イ・スヒョンは本当に誰よりも優しくて良い友達だからたくさん愛していただきたいと思います!

このように休息期間を持つ中、本当にこの仕事が私にとって大事なものだと感じ、あきらめずに打ち勝つことができるようにそばに居てくれた知人やファンの方々に感謝し、今は本当に大丈夫になったことを伝えたかったので、心配しないで喜んで下さい。

これまでの立場を発表しなかったせいで気苦労をかけてしまったイ・スヒョンと私のファンの方々にも申し訳ありませんし、また感謝します。今後は良いニュースだけを信じてほしいです。