台湾の競争力、アジア4位  日本や中国大陸上回る

写真拡大 (全2枚)

(台北 26日 中央社)中国大陸主導の経済フォーラム「ボアオ・アジアフォーラム」は23日、アジア太平洋の37の国・地域を対象とした2016年の競争力ランキングを発表した。台湾はシンガポール、香港、韓国に次いで4位。東アジアでは日本(8位)や中国大陸(9位)を上回った。

同ランキングは経済全体の活力、商業行政効率、インフラ施設の状態、人的資本および革新力、社会の発展レベルの5項目を総合して決定された。

台湾は2013年以来4年連続で4位となっている。

同フォーラムは毎年、中国大陸・博鰲(ボアオ)で開催。中国大陸は、世界の政財界の要人が集まる国際会議「ダボス会議」のアジア版と位置づけている。

(編集:名切千絵)