(左から)SHO-YU 、SEAFOOD、TONKOTSU

写真拡大

東洋水産は「たて型カップめん」の新ブランド「MARUCHAN QTTA(クッタ)」シリーズとして「SHO-YUラーメン」「SEAFOODラーメン」「TONKOTSU ラーメン」を2017年3月27日に発売する。同ブランドは、しっかりとした食べごたえがあり、食べた人が「はぁ〜、食った」と前向きな気持ちになってもらえるシリーズとして開発した。

スープは飲み干したくなる味わい目指し...

あまりカップめんを購入しない、10代、20代をターゲットに開発。しっかりとした食べごたえがあり、食後に「はぁ〜、食った」とポジディブな気持ちになれるという。

「SHO-YU」「SEAFOOD」はなめらかでモチモチとした「つやもち製法」の麺を使用。「TONKOTSU」の麺には、なめらかで歯切れの良い「ノンスチーム製法」を採用した。

全てラードを使用した油で揚げており、香ばしい風味がついている。また、最後まで伸びにくく、食べごたえがあるという。

スープは飲み干したくなる味わいを目指した。「SHO-YU」は醤油ベースに香辛料を利かせ、「SEAFOOD」ではポーク・チキンの旨味をプラス、「TONKOTSU」はガーリックのコクと生姜の辛味がアクセントとなっている。

容器は底に向かうにつれ四角い形となっているため持ちやすい。金色・銀色・銅色をベースとしたパッケージで、食後の満足感を連想させるイラストが描かれているなど、遊び心あるデザインに仕上がっている。

希望小売価格は180円(税抜)。