[3.26 J2第5節 松本1-2名古屋 松本]

 名古屋グランパスが敵地で松本山雅FCに2-1で勝利した。名古屋は今季初の連勝で5位に浮上。松本の連勝は2でストップした。

 名古屋がオウンゴール2発で試合をひっくり返した。試合は前半15分にDF田中隼磨が倒されて得たPKをFW高崎寛之が決めて松本が先制に成功。このリードを持って、松本が1-0で後半に折り返した。

 しかし後半開始直後、30秒のプレーで名古屋が試合を振り出しに戻す。「人生初」だというWBでの先発となったMF永井龍が左サイドをドリブルで持ち上がると、右足のアウトサイドでクロスを上げる。これがクリアにいったDF橋内優也に当たってコースが変わると、GK村山智彦のタイミングを外してゴールネットに収まった。

 MFセルジーニョに打たれたミドルをGK楢崎正剛のビッグセーブで防ぐなど、同点としたあとも我慢強く戦っていた名古屋は後43分、ついに試合をひっくり返すことになる。右サイドで仕掛けたMFワシントンがクロスを上げると、ゴール前に走り込んだDF後藤圭太がクリアしきれずオウンゴール。名古屋がJ1昇格争いのライバルに敵地で逆転勝ちした。

 結果を見ても名古屋としては後半早々に同点に追いつけたことが大きかった。自身の仕掛けから同点弾を演出した永井は「本当に大きい勝ち点3だと思う」と勝利を喜ぶ。風間八宏監督は「多少のラッキーがあった」と苦笑いを浮かべるも「チャンスが作れていたということ」とイレブンを称えた。

 一方の松本の反町康治監督は「これが実力だと思ってしっかりやりたい。また準備して備えるしかない」と切り替えを強調していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第5節2日目 スコア速報