米ネバダ州ラスベガスのメインストリート(2015年12月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)の目抜き通りラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)で25日、男が2階建てバスの車内で発砲し、1人が死亡、1人が負傷した。男は発砲後にバスに立てこもったが、警察の呼び掛けに応じて投降した。

 事件現場となったサウス・ラスベガス・ブールバード(South Las Vegas Boulevard)の一角は、男と警官隊とのにらみ合いが続いた数時間の間、封鎖された。

 ラスベガス市警察のラリー・ハドフィールド(Larry Hadfield)報道官は報道陣にバスの中で発砲事件があったと語った。米紙USAトゥデー(USA Today)は同報道官が「発砲事件が1件あり、2人が被害にあった。2人とも医療機関に搬送されたが1人は亡くなった」と語ったと伝えた。

 また、トム・ロバーツ(Tom Roberts)保安官補は地元紙ラスベガス・レビュー・ジャーナル(Las Vegas Review Journal)に、50代とみられる容疑者の男はバスの2階で「無差別」に発砲したと語った。

 警察はテロとの関連を示すものはないとしている。ロバーツ保安官補は、容疑者の男には「精神的な問題」があるとみられ、テロとの関わりは「まったくない」と語った。

 目撃者らがツイッター(Twitter)に投稿した情報によると、警察官らはバスの中にいる容疑者に向かって拡声器で呼び掛けていたという。現場はラスベガスの超高級ホテル、ベラージオ(Bellagio)の近く。
【翻訳編集】AFPBB News