岡山、赤嶺の2戦連続弾&豊川のゴールで逆転勝利…群馬は開幕5連敗

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第5節が26日に行われ、ザスパクサツ群馬とファジアーノ岡山が対戦した。

 先制したのはホームの群馬。40分、ディフェンスラインの裏に抜け出した小林竜樹のシュートがGKに弾かれたところを高井和馬が押し込んでネットを揺らした。だが、岡山も前半のうちに追いつく。前半アディショナルタイム2分、エリア内で豊川雄太がファウルを受けてPKを獲得すると、赤嶺真吾がゴール左に蹴り込んだ。赤嶺はこれが2試合連続のゴールとなった。

 追いついた岡山は終盤の81分、左からのクロスがゴール前に流れたところを豊川が胸で押し込み、逆転ゴールを奪った。試合はこのままタイムアップを迎え、岡山が2−1と逆転勝利。群馬は開幕5連敗となっている。

 次節、群馬は4月2日に敵地でツエーゲン金沢と、岡山は同日にホームで東京ヴェルディと対戦する。

【スコア】
ザスパクサツ群馬 1−2 ファジアーノ岡山

【得点者】
1−0 40分 高井和馬(群馬)
1−1 45+2分 赤嶺真吾(岡山)
1−2 81分 豊川雄太(岡山)