クリステン・ウィグ Photo by Noam Galai/WireImage/Getty Images

写真拡大

 リチャード・リンクレイター監督の新作「Where’d You Go Bernadette?(原題)」に、人気コメディ女優クリステン・ウィグ(「ゴーストバスターズ」「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」)が出演交渉中であることがわかった。

 本作は、テレビ脚本家出身のマリア・センプルによる同名ベストセラー小説が原作で、著名な建築家だった引きこもりの母バーナデットが、家族旅行の直前に姿を消してしまい、15歳の娘ビーが母を探すユニークなミステリー。米ハリウッド・レポーターによれば、ケイト・ブランシェットがバーナデット役で主演し、ウィグはバーナデットの神経を逆撫でする堅苦しい隣人オードリー役を演じるようだ。

 「きっと、星のせいじゃない。」のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが執筆した草稿を、リンクレイター監督作「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」の脚本家ホリー・ジェント・パルモ&ビンス・パルモが、リンクレイターとともにリライト。米アンナプルナ・ピクチャーズを率いるミーガン・エリソン、「ハンガー・ゲーム」シリーズのニーナ・ジェイコブソンとブラッド・シンプソンがプロデュースを手がける。「Where’d You Go Bernadette?」は今夏クランクインの予定。