キレイめファッションでオフィスを闊歩する華OL。

男性陣の憧れの的ですが、嫁にしたいかと問われれば話は別です……。

人生の伴侶に求めるスペックはキラキラ女子であることではないんです。

今回は20〜30代の男性に華OLでも「こいつと結婚は無理……」と思う理由を取材してきました。

 

■お金がかかりそう…

「華やかなOLって金遣い荒いイメージだから嫁にもらうのはイヤだ。ブランドバッグとかねだられたら、たまったもんじゃないし。家計をしっかり管理してくれる気がしない。」(32歳/商社)

高価な服やブランドバックを引き下げている女性は“連れて歩く専門!”との声、多数。

ちょっとの間、付き合うにはいいとしても、家計を任せる気にはなれないようです。

派手さはなくとも、締めるところを締めることができる堅実な女性が婚活市場では人気ですよ。

 

■家庭に入る気がなさそう…

「仕事もできるし、キレイとなると家庭に入ってくれないでしょ?モテるから結婚はまだいいや……とか思ってそう。仮に結婚願望あったとしても、仕事仕事で家庭におさまってくれなさそうだから一緒に生活していくのは難しそう……。」(29歳/損保)

オフィスでは完璧な華OLですが、オフィスが似合いすぎていて家庭に入るイメージを持てないんだとか……。

仕事ができるのは非常に良いことですが、いざ結婚したら家庭も大切にできるというところをアピールしていくとよいでしょう。

 

■出世欲が強そう…

「キラキラ系のOLって出世狙ってそうだから、結婚後も子供はまだいい!とか転勤についていかない!とか平気で言いそうだから俺は勘弁だな。家族としてまとまることができなさそうだもん。」(35歳/銀行)

出世欲が強い女性とはライバル関係になってしまって結婚には結びつかないという意見あり。出世を意識しながらも、結婚となればあなたについて行きます!というスタンスの方が結婚には近道なのかもしれません。

 

■家事ができなそう…

「うちの課のキレイな先輩、仕事は完璧なのに、持ってくる弁当が母親の手作りなんだよな。いい歳して、自分で弁当1つ作れないってドン引きだわ。結婚できない理由はコレだな、と確信した。」(30歳/メーカー)

実家通いとなるとなにかと親を頼りにしたくなる気持ちは分かりますが、自分のお弁当くらい自分で作りましょうよ。

家事のできない女性を好んでもらってくれる男性は皆無です。いい大人なのですから、自活しましょう。

 

どんなに仕事ができても、華やかでも、それはそれ。結婚に結びつくスペックはそこではないんです。共に家庭を築いていける、一緒に生活をしていけると相手にイメージさせることのできる女性が真のモテ女。結婚したい!と思うなら良妻賢母を目指してみてはいかがでしょう。

【画像】

※ Julia Velychko/shutterstock

【関連記事】

※ これぞ理想!男性が「疲れているとき」に彼女にしてほしいこと

※ えっソレ!? 男子が女子の家にあると大興奮するモノ

※ ソレ、勘違いかも…男が「本気度が低い女性」にとる意外な行動

※ 喜ばれたい!男が「エッチ上達」のためにコッソリにしていること

※ これってもしかして…男が彼女の「浮気」を疑う瞬間

※ 脈なし確定?男が興味のない女子に送る「社交辞令LINE」