山口、小塚和季の長距離弾で今季初勝利…敗れた讃岐は5戦未勝利に

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第5節が26日に行われ、レノファ山口FCとカマタマーレ讃岐が対戦した。

 試合は序盤から攻勢に出た山口が33分に先制する。右サイドでルーズになったボールに反応した小塚和季が右足でロングキック。ゴールまではかなり距離があったが、風に乗ったボールがGKの頭上を超えてそのままネットを揺らした。

 後半は互いにゴールを目指して一進一退の攻防となったが得点は生まれず、試合はこのまま終了。山口が1−0で今季初勝利を収めた。

 次節、山口は4月1日に敵地で水戸ホーリーホックと、讃岐は同2日にホームで湘南ベルマーレと対戦する。

【スコア】
レノファ山口FC 1−0 カマタマーレ讃岐

【得点者】
1−0 33分 小塚和季(山口)