2017年7月から放送開始予定のアニメ「活撃 刀剣乱舞」について、これまで明かされていなかった作品の舞台が文久三年、つまり幕末モノであることや、「剣戟アニメーター」という役職が置かれていることなどが、AnimeJapan 2017で行われたステージイベント「『刀剣乱舞』スペシャルステージ」の中で発表されました。

TVアニメ『活撃 刀剣乱舞』公式サイト

http://katsugeki-touken.com/

ステージには和泉守兼定役の木村良平さん、陸奥守吉行役の濱健人さん、堀川国広役の榎木淳弥さんが登壇。この場で、イントロダクションも初公開となりました。

内容はこんな感じ。

文久三年。倒幕派と佐幕派が世を二分し、刀の時代が終わりを告げた時代―――幕末。刀剣男士として顕現したばかりの堀川国広は、かつて同じ主の元で戦った和泉守兼定とともに、雨の山道をひた走る……。

刀剣男士は刀に宿る思いを審神者が励起させ、顕現させた『付喪神』。彼らの使命は、歴史を変えようと目論み、未来から送り込まれる『時間遡行軍』を打倒し、“正しい歴史”を守ること。

陸奥守吉行、薬研藤四郎、蜻蛉切、鶴丸国永という新たな仲間を得た二振りは、動乱の時代で、時間遡行軍との戦いに身を投じることになる。

振るう刃に映すは光か、影か。

刀剣男士、いざ出陣。


また、OPテーマは斉藤壮馬さんが、EDテーマはKalafinaさんが担当することも発表されました。

新スタッフ情報としては、剣術指導を渡邊鋼玉さん、時代考証を山村竜也さんが担当。さらに「剣戟アニメーター」として、ufotableが誇る「動かし屋」アニメーターとして知られる小船井充さん、木村豪さん、國弘昌之さんの名前が挙げられました。「剣戟アニメーター」によってこんな感じの剣劇アクションが見られるとのこと。

『活撃 刀剣乱舞』剣戟アクション紹介映像 - YouTube

放送はTOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビ、MBSにて7月開始。

これに先駆けて、第1話先行上映会が5月1日(月)に都内劇場で、5月6日(土)に徳島・ufotable CINEMAで開催されることも発表されました。1日は木村さん・濱さん・榎木さん、6日は木村さん・濱さんがゲストとして登場予定です。