カンボジア東部モンドルキリ州で、内戦時代の爆撃でできた穴の中で身動きが取れなくなっていた野生のゾウ。州環境当局ケオ・ソピアック氏提供写真(撮影日不明)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】カンボジア東部モンドルキリ(Mondulkiri)州で25日、深さ3メートルの穴の中で泥水にまみれて身動きが取れなくなっていた野生のゾウ11頭が救出された。11頭のうち1頭は子どもだった。11頭は発見されるまで4日間も穴の中にはまっていたとみられる。

 モンドルキリ州環境当局のケオ・ソピアック(Keo Sopheak)局長がAFPに語ったところによると、穴は森林保護地域にあり内戦時代の爆撃でできたもの。貯水池として活用するために地元住民がさらに穴を広げていた。ゾウ11頭は水を飲もうとして穴に入りこみ出られなくなっていたところを24日に発見された。この時、ゾウは頭と背中だけが泥の上に出ている状態だったという。

 救出作業では、ゾウが抜け出せるよう穴の縁を手で掘って脱出路を作り、さらに泥を薄めるために穴に水を送り込んだ。無事救出されたゾウたちは、ゆっくりと歩いて森林に戻っていったという。ソピアック氏は「もし発見されていなかったら、ゾウたちは死んでいたかもしれない」と語った。

 環境保護団体などによると、絶滅危惧種アジアゾウのカンボジアにおける生息数は数百頭どまりとみられる。アジアの他地域と同様にカンボジアでも加速する森林破壊や密猟がアジアゾウの生存を脅かす要因となっている。
【翻訳編集】AFPBB News