「保湿」と「サラサラ」を両立した新感覚ボディソープ

写真拡大

ライオンは、日本初の吸着保湿処方で保湿成分が洗い流されないボディソープ「hadakara ボディソープ 保湿+サラサラ仕上がりタイプ」を2017年3月29日に発売する。

日本初の吸着保湿処方

「hadakara」は同社が1893年に石けん事業を開始して以来培ってきた皮膚洗浄研究をベースに、家事や仕事などで忙しくボディケアまで手が回らない女性を応援するブランド。

16年9月に「hadakaraボディソープ」を発売後、"使用感が違う""新しくて不思議な新感覚"など好評を得たという。「保湿」を重視しながらも洗い上がりは「サラサラ」とさっぱり感を求める人に向けた新商品。

ボディソープを泡立てると保湿成分が複合体に変化。肌に吸着しやすい性質を持っており、すすぎいでも流されないため、洗った後は肌をベールのように覆いやわらかく仕上げてくれる。さらに、サラサラリキッド成分で肌表面がサラサラに仕上がるという。さわやかなグリーンフルーティの香り。

内容量は本体480ミリリットル、つめかえ340ミリリットル。