ヒット曲「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」はCMや朝番組のオープニング・テーマにも使われ、日本武道館で来日公演も行ったカナダ出身の歌手マイケル・ブーブレ。

2人の男の子の父親でもある彼は、昨年、3歳の息子ノア君が肝臓ガンを患っていることを公表。その後について、妻ルイザナ・ラピラトの弟ダリオが<LA NACIO>で「今のところ容体は落ち着いて元気でやっている」とコメントした。

この数カ月はすごく長く感じたよ。話をするのはツラいね。でも、僕は神を信じて祈った。すると奇跡が起きて…手術後の経過はすごく順調なんだ。 寄り添うことが大事だと思っている。だから遠く離れているけれど、仕事を休んで彼らに頻繁に会いに行っている
大切な人が大変なときは、他のことが小さく思える。大切なことは、一緒にいて、家族として乗り越えていくこと。

昨年11月、息子がガンと診断され、ルイザナのフェイスブックに次のような投稿をしていたマイケル。

僕たちは息子のノアの治療のため、アメリカで打ちのめされています。僕たちはいつも、家族の大切さや子供達への愛について話し合ってきました。ルイジアナと僕は、いまの仕事を一度中断し、すべての時間をノアが良くなるために使うつもりです。大変な時期なので、みなさんにも息子のために祈ってほしい。そして、僕たちのプライバシーを尊重してほしい。
これからも大変な道は続いていけれど、家族や友達や世界中のファンの支え、神を信じることで、この戦いを勝ち抜けられると信じている。

Feliz día de la madre !! Happy Mother's Day @luisanalopilato !! #myhero #bestmommy #bestfriend

A post shared by Michael Bublé (@michaelbuble) on

マイケルの家族への愛と絆の強さが伝わってくるコメント。少しでも早くノア君が良くなるのを祈るばかり。