チャリティーマッチで躍動のジェラード「この勝利はモランに捧げる」

写真拡大

▽かつてリバプールやイングランド代表としてプレーしたスティーブン・ジェラード氏が、25日に行われたリバプール・レジェンドとレアル・マドリー・レジェンドの試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

▽アンフィールドで行われたチャリティーマッチは、24分にジェラードのアシストからオーウェンがネットを揺らす。49分にもジェラードのアシストからオルドリッジがネットを揺らし、66分にはジェラードが倒されて得たPKをファウラーが決めた。さらに78分にはジェラード自身にもゴールが生まれている。

▽その後はレアル・マドリー・レジェンドに3失点を喫する展開となるも、大勢の観客に見守られて行われたチャリティーマッチは、リバプール・レジェンドの勝利に終わった。

▽この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたジェラードはインタビューに応じ、先日、83歳でこの世を去ったリバプールのレジェンドであるロニー・ラモン氏への哀悼の意を示している。

「今日のチャリティーマッチは、誰もが楽しみにしていたものだ。リバプールを代表して、参加してくれたレアル・マドリーには感謝の意を示したい。選手たちだけでなく、サポーターも待ち望んだ試合だったね」

「そして今日は、ミスター・リバプールであるロニー・モランについても話さなければいけない。今日の勝利は彼に捧げたいと思っているよ。今の選手たち、昔の選手たち、そしてなによりも彼の家族にとっては非常に悲しいことだ。ただ、僕たちリバプールは、いつでも彼らのそばにいる。今日の勝利が彼らの励みになってくれればうれしいね」