三浦翔平からハンカチを渡される永野芽郁

写真拡大

映画『ひるなかの流星』の公開記念舞台挨拶が3月25日に都内で行われ、永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐、山本舞香、新城毅彦監督が出席。初主演作公開の喜びや原作者のやまもり三香氏からの手紙がサプライズで読み上げられ、永野が感極まって2度泣きする場面があった。

『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶、その他の写真

本作はやまもり三香原作の少女マンガの実写映画版。田舎から東京の高校に転校してきた主人公・与謝野すずめ(永野)が、イケメン担任教師・獅子尾五月(三浦)と同級生・馬村大輝(白濱)との間で心揺れる姿を描く青春ラブストーリー。

初主演作公開に永野は「撮影中も自分で撮り切れるだろうかと不安もありましたので、最後まですずめとして演じたものを見ていただけてホッとしています。友だちから『見たよ』と連絡が来たり、映画館にある等身大の写真を撮ったものが色々な人から送られて来たり、すごいと思いました」と笑顔で喜びを報告。

劇中では胸キュンシーンも盛りだくさんで、“逆床ドン”のシーンについて永野が「手足の置き方で映りが悪くなってしまうので、原作のすずめのように体のラインがきれいに見えるように頑張りました」と紹介。すると、白濱が「手が震えていましたもんね」と体力勝負だった様子も振り返り、永野は「手が震えて『もう1回』ってなりましたよね」と胸キュンシーンの意外な苦労も明かした。

一方、白濱は撮影前の役作りについて「ライブ中もずっと『俺は塩顔だ』と言い聞かせながらやっていたけど、メンバーから『ド級のソース顔です』って言われて。でも、そこは頭の中では塩顔だと言い聞かせてやっていました」と笑いを誘った。

さらに、舞台挨拶の中盤では原作者のやまもり三香からの手紙がサプライズで読み上げられ、「演じてくださったのが芽郁ちゃんで本当に良かったと心から思っています」などと称賛する言葉の数々に、永野は冒頭からこらえきれずに涙。三浦が差し出したハンカチで涙をぬぐうと「すずめとして過ごした時間が長くて辛かったけど、先生にそう言っていただけたことが一番うれしかったです」と感無量の表情をみせた。

さらに、化粧直しを経てフォトセッションを行った後にも再び涙が。締めの挨拶を行った際、永野は「初めて主演した作品がこの映画で良かったと心から思っています。誰が何と言おうと私の代表作です。見ていただいてありがとうございました」と話しながら感極まり、今度は白濱からティッシュを渡されていた。