写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が主演するフジテレビ系月9ドラマ『貴族探偵』(4月17日スタート、毎週月曜21:00〜21:54 ※初回30分拡大)の公式ポスタービジュアルが26日、公開された。

"月9"30周年記念作となるこのドラマは、麻耶雄嵩氏の本格推理小説『貴族探偵』と、続編の『貴族探偵対女探偵』が原作。相葉演じる、本名不明で貴族を名乗り、探偵を趣味にする青年が、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている間に、絶対的な忠誠心を持つ召使いたちが、捜査へ動き出すというストーリーだ。

今回公開されたポスタービジュアルをデザインしたのは、アーティストの清川あさみ。新米探偵、異色の刑事、ミステリアスな元探偵、執事、メイド、運転手と、浮世離れした個性的な登場人物たちをキャスト陣が具現化している。

原作で、貴族探偵は「ぴしっと皇室御用達で有名な常磐洋服店のスーツを着込んでいる」という描写だが、フジテレビの羽鳥健一プロデューサーは「ファンタジーさを増すために実際に中世ヨーロッパの貴族のような衣装を作って着装していただこう」と決断。相葉は、ドラマのためだけにナポレオンジャケット(上着)からブーツまで、すべてハンドメイドで仕立てられた特別製を着用することになった。

スキニーパンツにブーツで、下をすっきり見せることで上にボリューム感を出して、シルエットを現代的に演出し、貴族感を最大限出しつつ、時代背景が分からないようにしたといい、「原作者の麻耶雄嵩先生も大変面白がってくださっています」(羽鳥プロデューサー)。

相葉は「さすがにこれを着て外は歩けない(笑)」と苦笑いしながら、「さりげなくサッシュをかけていたりするところが本当に貴族っぽいなと思います。スタッフの方が嵐の歌の衣装とかぶらないように、というところも考えてくださり、ゴージャスで迫力のある、今までに着たことのない衣装になりました」と、感想を語っている。

清川は、写真に刺繍を施すという独特の手法を今回も取り入れており、「どこかエキセントリックで、さまざまな展開を匂わせるイメージを、絵画と写真を混ぜ込んでつくりました」と説明。「豪華なキャストの皆さんと30周年の記念ドラマということでクリエイションできて光栄です」と喜びを話した。

このビジュアルの公開は、きょう26日(15:50〜16:50)のどこかで放送される、役衣装姿の相葉雅紀単体の5秒スポット(関東ローカル)のほか、28日発売の週刊誌『SPA!』内の広告。そして、31日から順次、都内の屋外看板や電車内広告などで掲出される。