“中国の川端康成”の原稿で一騒動

写真拡大

 中国の現代文学史上最高の作家とされる茅盾(ぼうじゅん=1896年8月12日〜1981年3月27日)の直筆の小説の原稿が親族の許可なく中国で競売にかけられ、約1200万元(約2億円)で競り落とされ、米国在住の茅盾の孫3人が中国の裁判所に訴えていたことが分かった。3人の孫は競売会社に謝罪と賠償金50万元(約850万円)などを求めている。

 米国ではリンカーン大統領(1809年2月12日〜1865年4月15日)が南北戦争中の1864年に行った演説の直筆原稿が2009年2月、ニューヨークで競売にかけられ、約344万ドル(当時のレートで約3億1200万円)と米国の歴史的な文書として過去最高額で落札されているが、リンカーンに限らず、競売で親族が所有権をめぐってクレームをつけるのはまれで、中国での裁判の行方が関心を集めている。

 茅盾は1920年に中国共産党の前身である上海共産主義小組に参加するなど、中国共産党創立時からの党員。中国現代史と人間の関わりを描いた小説を多く書き、代表作に『子夜』『霜葉は二月花よりも紅く』などがある。茅盾は1949年から1965年まで中華人民共和国の文化部部長(大臣)を務めたこともある。

 日本でいえば、ノーベル文学賞を受賞した川端康成と匹敵するほどの大作家といえなくもない。

 競売にかけられた茅盾の直筆原稿は1958年に書かれた「最近の短編小説を語る」というタイトルで、同年の「人民文学」雑誌第6期に収められている。その直筆原稿はもともと人民文学雑誌社が保存していた。

 その流出経路は明らかではないが、2013年10月、直筆原稿30枚が北京の中国書画競売会にかけられた。大作家の直筆原稿だけに競りは44回に及び、1207万5000元で競り落とされた。これは中国の文学作品の直筆原稿の値段としては最高額だった。

 その事実が2014年1月、中国メディアによって報道されたことで、米国在住の茅盾の3人の孫の知るところとなり、南京市の競売会社に所有権を求めてクレームをつけた。同社は直筆原稿の入手経路や競売先について明らかににしていない。また、茅盾の孫が求めた謝罪などにも応じなかったことから、裁判沙汰になったという。

 中国紙「新京報」によると、3月中旬までに、南京の裁判所で3回目の審理が行われており、次回公判で判決が下される見通しだ。その日程は発表されていないが、中国現代文学史上最大の国民作家だけに、裁判への関心は高い。