<WGC-デル・マッチプレー 4日目◇25日◇オースティンCC(7,108ヤード・パー71)>
「WGC-デル・マッチプレー」決勝トーナメント1回戦に続けて行われた2回戦。日本勢で唯一勝ち進んでいる谷原秀人はロス・フィッシャー(イングランド)と対戦。4&2で下しベスト4入りを果たした。

谷原は1番でボギーを叩きリードを許したものの、すぐにASに戻すと6番から4連続でポイントを奪い4UPで折り返し。その後も13番でピンに絡めてバーディを奪うなど安定したプレーで最終ホールを待たずして勝利。準決勝ではダスティン・ジョンソン(米国)と戦う。
この試合後世界ランキング50位以内に入ることができればマスターズ出場が決まる谷原は、これでほぼオーガスタ行きの切符をほぼ手中に。大目標を達成した今、あとは頂点を目指して戦うだけだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

谷原秀人がベスト8入り!オーガスタ行きをグッと引き寄せる
石川遼は無念の予選落ち、“9”以外の「35ホールはそこまで悪いプレーじゃなかった」
谷原秀人が大金星!スピースを撃破し、「1ホールずつ集中してやることができた」
石川遼がまさかの“クアドループルボギー” 何が起こった!?
松山英樹、もたつく相手に付け入れず予選ラウンド敗退が決定