「メイドインアビス」キービジュアル (C)2017 つくしあきひと・竹書房
/メイドインアビス製作委員会

写真拡大

 電子コミック配信サイト「WEBコミックガンマ」で連載中の人気漫画をテレビアニメ化する「メイドインアビス」が、7月から放送されることがわかった。さらにメインキャスト、キービジュアル、第1弾PVが一挙に発表され、富田美憂、伊瀬茉莉也の出演が明らかになった。

 つくしあきひと氏が手がけた原作漫画「メイドインアビス」は、奇妙奇怪な生物が生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠る秘境の大穴「アビス」の謎をめぐるファンタジー。未知の大穴・アビスの冒険に挑む者は「探窟家」と呼ばれており、孤児のリコもその謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコは探窟中に少年の姿をしたロボットを拾う。声優キャストは、伝説の探窟家「白笛」を目指す少女リコを富田、ロボットのレグを伊瀬が演じる。

 キービジュアルは、リコとレグが、怪物から逃げる緊迫の場面を切り取っている。美しい自然と愛らしいキャラクターのなかに配された、グロテスクな怪物が目を引く、迫力満点のビジュアルに仕上がっている。また公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=MuboGrmPDIg)で公開中の第1弾PVは、壮大な作品世界の一端を垣間見ることができる。

 なおスタッフは、「ブラック・ブレット」「MONSTER」などで知られる小島正幸監督をはじめ、「DRIFTERS」を手がけた倉田英之(シリーズ構成)、「攻殻機動隊ARISE」でおなじみの黄瀬和哉(キャラクターデザイン)、「ばらかもん」「灼熱の卓球娘」のキネマシトラス(アニメーション制作)が結集している。