短文投稿サイトTwitterは25日、iOS向けアプリをアップデートし、通知フィルタなどの機能を追加しました。しかしアプリがアップデートされて以降、ホーム画面からTwitterアプリが消えたり、アプリが起動できないなどの問題が発生しています。

Twitter公式アプリが「17歳以上」に設定された

TwitterのiOS向けアプリは、今回のアップデートで「17歳以上」の年齢制限が設けられました。アプリが起動できないといった問題は、この年齢制限による可能性が高いです。
 

Twitter 機能制限

 
このアプリにつけられた年齢制限は、利用者がその年齢未満だと必ず利用できない、ということではありません。起動できないようにさせている機能は、iPhoneに搭載された「機能制限」の設定によるもので、機能制限で特定の年齢以上が指定されたアプリを入手しようとしたり、閲覧しようとした際に、閲覧できないようになる仕組みです。
 
対処方法としては、「機能制限を解除する」「ブラウザからTwitterを利用する」「ほかのTwitterクライアントアプリを利用する」などが挙げられます。

機能制限をオフにする/制限をかける年齢設定を変更する

Twitter 機能制限

ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします

 

Twitter 機能制限

一覧から「機能制限」をタップします

 

Twitter 機能制限

機能制限の設定用パスコードを入力します

 

機能制限自体をオフにする

 

Twitter 機能制限

機能制限自体をオフにする場合は、「機能制限を解除」をタップします

 

Twitter 機能制限

機能制限の設定用パスコードを入力します

 

Twitter 機能制限

項目の文字色が薄くなり、上部に「機能制限を設定」と表示されたら、機能制限がオフになった状態です

 

機能制限をかけるアプリの年齢設定を変更する

 

Twitter 機能制限

コンテンツの許可の項目で、「App」をタップします

 

Twitter 機能制限

「すべてのAppを許可」をタップしてチェックマークを入れると完了です

 
 
(asm)