正GKの座に再び名乗りを上げた川島「競争がグループの強化につながる」

写真拡大

 日本代表は25日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、埼玉県内でトレーニングを行った。UAE代表との一戦で先発に抜擢されたGK川島永嗣が、28日のタイ代表戦に向けた意気込みを語っている。

 ハリルホジッチ体制で正GKを務めていた西川周作に代わって、ゴールマウスに立った川島は「今の選手のクオリティだったり、チームのグループを考えれば、誰が出てもやれるだけの力はあると思う。一人ひとりが与えられたチャンスを常に掴んでいかなければいけないと思うし、それがグループの強化につながる」と語り、「周作の存在は自分にとって常に大きいし、ここまでも周作が2次予選、最終予選と守ってくれているから、今の結果があるわけですし。そういう意味でみんなが試合に出たいという気持ちは常にあります。本当にやっぱりレベルアップっていうのは、そこがベースだと思う」と述べた。

 タイ戦に向けては「まだタイ戦で自分たちがどうやっていくのかというところまではいっていないですけど。ただ、ゲームの内容自体が大きく変わる部分もあると思うし、自分たちが注意しなければいけない点も変わってくると思うので。UAE戦で自分たちが掴んだ自信というのは、フォーメーションも含めて続けていかなければいけないと思いますけど、全く違ったゲームになるという意識で臨まなければいけないと思う。そういった意味でも、ある意味難しい試合になるんじゃないかなと思います」とコメントしている。