アンダーソンにストレート勝ちした錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

「大会の初戦として最高の試合」

 男子テニスの世界ランク4位の錦織圭(日清食品)が現地24日のマイアミオープン2回戦で同74位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-4、6-3でストレート勝ちを収めた。前回の対戦で敗れていた相手に快勝。この勝利にATP公式サイトも「ニシコリはマイアミでリベンジを果たす」と特集している。

 錦織はこれまでアンダーソンに通算2勝1敗だったが、直近の対戦となった2015年の上海ローレックス・マスターズで苦杯をなめていた。今回きっちりと勝ち切った錦織は記事の中で「大会の初戦として最高の試合だったと思う。本当に堅実なプレーができた。全てのことがほとんど完璧だった。今日のテニスにはとても幸せ。毎試合こんな試合をしたい」と語っている。

 また米衛星放送「FOXスポーツ」電子版なども「ニシコリはマイアミでアンダーソンを颯爽と凌ぐ」とレポート。その錦織は3回戦では世界30位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。過去の対戦成績は2勝2敗だが、直近の試合で2連勝中で、昨年の全仏オープンでは6-3、6-4、3-6、2-6、6-4とフルセットの末に勝利している。