追加招集の遠藤は中盤での起用が濃厚だ。写真:徳原隆元

写真拡大

 日本代表は3月25日、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、ホームでのタイ戦に向けてトレーニングを開始した。
 
 24日の帰国後、急遽トレーニングを中止した日本代表に激震が走った。UAE戦で負傷していた大迫勇也と今野泰幸の2名が診断結果により戦線離脱となったのだ。前線の大迫に代わって招集されたのは川崎の小林悠。そして、インサイドハーフとして攻守に大活躍を見せた今野に代わって招集されたのが、浦和の遠藤航である。
 
 緊急合流となって初日のトレーニングを終えた遠藤はまず次のように意気込みを語った。
「選ばれたからには、良い準備をして自分の良さを出すことが一番大事だと思いますし、クラブでもしっかり試合に出ているので、コンディション的にも問題ない。このチームのためにしっかりやるべきことをやっていきたい」
 
 ハリルホジッチ監督からは、すでに中盤での起用が伝えられたという。「監督もおそらくボランチで考えているだろうし、CBだとちょっと身長が足りないということも言われた」と、指揮官との対話の一部を明かしてくれた。
 
 先日のUAE戦で日本は中盤にアンカーを採用した4-3-3という新たな布陣で臨んだが、今野の“代役”という意味合いで言えば、遠藤のポジションはインサイドハーフという可能性もあり得る。このポジションについて遠藤は「やったことがないんで、なんとも言えない」と正直に話す。
 
 それでも、ネガティブなイメージはないようだ。むしろ、「あのポジションで行くなら、ちょっと前掛かりじゃないですけど、自分の守備のスタートポジションが前になると思うので、よりアグレッシブにボールを奪いに行く姿勢を出していける」と、前向きに捉えている。
 
 もともと湘南時代から攻守にわたってアグレッシブなプレーが売りだった遠藤だ。「そんなにビビらずやっていければいい」と語る通り、ポジションの概念にとらわれず、あくまで自分の良さを貫き通すつもりだ。