ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」が本に!職場生活のヒントを収める

写真拡大

KBS 2TV「キム課長」が職場生活のヒントを収めた本を4月に発行する。

ドラマ「キム課長」は企業のあらゆる不合理に立ち向かって戦い、重苦しい会社員の気持ちをスッキリさせてくれると評価されている。

KBSメディアは、同ドラマが描いている会社員の喜怒哀楽やキム課長が伝える会社生活のヒントを収めて、「キム課長 職場白書」というタイトルで4月に本を発行すると決め、24日から予約販売をスタートした。

特に今回の本は、韓国初でドラマとウェブ漫画のコラボを披露するもので、ドラマ「キム課長」の名シーン・名セリフとともに、毎回エンディングに登場し、視聴者の視線を奪っているヤン・ギョンス作家のウェブ漫画で構成されている。

ヤン・ギョンス作家は“グリムワンヤンチギ(絵の王羊飼い)”という名前で活動し「ああ、やりがいなんかいいから、残業代をください」などで有名なウェブ漫画作家だ。ドラマ「キム課長」のエンディングでも、その日の放送の中で核心となるシーンを絵で仕上げており、一種のカタルシス(解放感) を与え、ドラマの人気にも力を添えている。

ドラマ「キム課長」は本の出版とともにスペシャルイベントも行う。4月21日、韓国の企業で働いている実際の“キム課長”たちを招待し、「大韓民国キム課長パーティー」を開催する予定だ。