クォン・サンウ、バラエティ番組の撮影現場でソン・テヨンへの愛情爆発

写真拡大

俳優クォン・サンウが妻のソン・テヨンへの愛情を思いっきり表現した。

韓国で24日に放送されたJTBC「我が家が現れた」では、第6話までの放送で公開されなかったビハインド映像が公開された。

クォン・サンウは初めての現場で「妻が今回撮影することを聞いて、簡単な現場だと思ったみたいだ。工事現場とヘルメットをかぶった写真を見てびっくりしていた。大したことはしていないのに、家に帰るとご馳走をたくさん作って待っていそうな気がする」と話した。

さらにクォン・サンウは移動する車の中でも子どもに「自分は好きな女性と一緒に暮らしている」と、四六時中ソン・テヨンの話をして笑いを隠しきれなかった。

子どもたちのためにサッカーゴールを作るために工房を訪れた際も、木製のまな板を見て、妻が好きそうだとソン・テヨンへの愛情を表した。