アイシン精機が4月4日から9日までイタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク2017」に出展すると発表しました。プレス発表会では、「ミラノデザインウィーク2017」の出展内容が披露される前に、アイシン精機(アイシングループ)とはどんな会社か紹介がありました。

1

アイシンは、トヨタを支える主要部品メーカーの集まりで主要6社(アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックス、アイシン高丘、アイシン化工)を中心としたグループです。

クルマ関連でいえば、アイシングループで作っていないのは、タイヤとガラスくらいとのことで、アイシンという自動車メーカーとして成立できてしまいそう。

中核企業であるアイシン精機は、1965年に愛知工業と新川工業が合併して誕生。なお、アイシングループのシンボルロゴは、戦前の1943年の東海航空工業、1945年の東海航空機という航空機メーカーの翼から由来するそう。2つの翼がAISIN GROUPの「A」の形で表現されています。

アイシン精機は、ドライブトレイン、シャーシやブレーキ、ボディ、エンジンなど幅広い部品を開発、製造しているほか、身近な住生活分野では家庭用ミシンやシャワートイレ、マットレスなど、エネルギー関連や福祉関連などじつに幅広い分野で事業を行っています。

クルマ関連で圧倒的なシェアを誇るのがパワースライドドアシステム。登録車で約80%、軽自動車の場合は100%というシェアを握っているとのこと。

スライドドアは当初手動で、開閉にはちょっとしたコツと力が必要でした。しかし、アイシン精機がスライドドア内に駆動ユニット(モーター)を内蔵したことが大きなブレークスルーに。モーターをドアに内蔵したことで、室内を広くすることができたほか、デザイン性や設計自由度の向上にも貢献しています。

 

アイシン精機をはじめアイシングループは、世界中に拠点を持ち、トヨタグループだけでなく世界中の自動車メーカーと取引をしていて、日本のモノ作りをまさに牽引しています。

(文/写真 塚田勝弘)

ミシンからパワースライドドアまで。「アイシン精機(アイシングループ)」ってどんな会社?(http://clicccar.com/2017/03/25/457417/)