ショーン・メンデス再来日中、ニッキーとドレイクが記録更新、エド・シーラン米SG&ALチャート2週連続で制覇:今週の洋楽まとめニュース

写真拡大

 今週の洋楽まとめニュースは、今日(2017年3月25日)と明日(2017年3月26日)の2日間で開催される日本最大のポップ・ミュージック・フェス【POPSPRING】に出演するショーン・メンデスの話題から。3月19日夜、羽田空港でおよそ250人のファンに歓迎され2か月連続となる来日を果たしたショーン。空港には、前回を上回る人数のファンが集まった。今回の滞在では、3月21日に日本テレビ系『スッキリ!!』に生出演し、3月23日にはタワーレコード渋谷店にて来日記念として、日本デビュー・アルバム『イルミネイト』国内盤CD購入者限定のイベントを開催した。また、ショーン・メンデスのオリジナル・ボイスがLINE MUSICにて独占配信がスタ―トしている。

ショーン・メンデスが再来日、3/21には地上波初パフォーマンスも決定
来日中のショーン・メンデス、東京観光で1番気に入った場所は? LINE MUSICでおもしろボイスの配信もスタート

 続いては、ニッキー・ミナージュとドレイクの記録更新のニュースを。2017年3月20日、ニッキー・ミナージュが、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”に最も多くの曲をチャートインさせた女性アーティストとなった。ニッキーは、“Hot 100”に通算76曲送り込んだことになり、アレサ・フランクリンの73曲の記録を抜いて単独首位に躍り出た。一方、ドレイクは2017年3月18日にリリースされた新作『モア・ライフ』が、初日から様々な記録を塗り替え、Apple Musicでは24時間で計8,990万回再生され、1日のアルバム収録曲再生数として最高記録した。また、Spotifyでは、24時間で計6,130万再生回数を記録し、エド・シーランの『÷』(ディバイド)の記録を抜き、さらに1日に最もストリーミングされたアーティストとしても新記録を打ち立てた。

ニッキー・ミナージュがアレサの記録抜く! 米ソング・チャートに通算76曲を送り込む偉業を達成
ドレイクの新作『モア・ライフ』、Apple MusicとSpotifyの発売初日再生記録を更新

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、エド・シーランの新作『÷』(ディバイド)が、2週目の首位を獲得した。本作『÷』(ディバイド)は、2週目にして18万枚を超えるセールスを獲得し、全米だけでも60万枚を突破。本国、イギリスの全英チャートでも、2週目のNo.1獲得を果たしており、先週の初動枚数67万枚と合わせて80万枚近いセールスを獲得している。また、全英シングル・チャートでは、先週に引き続き、TOP10内9曲が、本作『÷』(ディバイド)の楽曲という快挙を成し遂げている。また、今週3位にランクインしたのは、映画『美女と野獣』のサウンドトラック盤。北米の初週末興行収入は約192億円を記録していて、3月公開の映画では、史上最高の興行収入となる好スタートを切った。

【米ビルボード・アルバム・チャート】エド・シーランが2週連続首位、実写版『美女と野獣』のサントラが3位に初登場

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートも、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、8週目のNo.1獲得を果たした。先週、新作『÷』(ディバイド)が首位デビューを飾り、シングル/アルバム・チャートで2冠を達成した、エド。今週のアルバム・チャートでも2週連続のNo.1獲得を果たし、両チャートを制覇したが、次週のソング・チャートでは、今週2位に浮上した、ブルーノ・マーズの新曲「ザッツ・ワット・アイ・ライク」にその座を奪われるかもしれない。また、先週の12位から5位へ上昇した、ザ・ウィークエンドの「アイ・フィール・イット・カミング feat.ダフト・パンク」も、3月9日に公開されたミュージック・ビデオが好調で、このままポイントを落とさなければ上位ランクインが期待できる。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが8週目の首位、ブルーノ・マーズが2位に上昇
エド・シーラン、貴重なインタビューやパフォーマンス映像を続々公開

 替わって、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートは、今週末開催される<POPSPRING>に出演するオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が5週目のNo.1を死守した。ブルゾンちえみのネタがきっかけで再熱したこの曲だが、今週に入り勢いは徐々に落ちてきており、今週は動画再生回数のみで洋楽勢TOPに。2位のエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」とわずか100ポイントの僅差となっているが、来日効果で再びポイントを伸ばしてくることが予想されるので、来週の首位キープも堅いだろう。また、今週の9位には先週末に日本公開され、サウンドトラックも発売となった映画『SING/シング』のスティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデによるコラボ「フェイス」が再浮上している。

【ビルボード】TOP5が不動の洋楽チャート、オースティン・マホーンが首位死守


今週のその他の注目ニュース

ペンタトニックス、2年ぶりのジャパン・ツアーを2017年5月に開催
ボブ・ディラン、貴重なロング・インタビュー公開〜最新作/ロックンロールの誕生/最近気に入ったCDなどについて語る
ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ〜』50周年記念イベントをリバプール市が開催
ウィーン少年合唱団が無形文化遺産に登録
ロックの創始者チャック・ベリーが90歳で死去