予選の山場のひとつだったUAE戦は、献身性を発揮して勝利した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト特派)

写真拡大 (全2枚)

 素晴らしい結果を得ました。
 
  ハリルホジッチ監督が「しっかりとマネージメントできた」と語っていましたが、まさにそのとおりの試合だったと思います。ワールドカップ出場に向けてのひとつの山場と言えた試合で、アジアにおける日本サッカーの強さを改めて示す、申し分のない結果と試合運びを見せたと思います。
 
 強さには、献身性が不可欠です。それがよく表われていたのが、久々に招集された今野選手をはじめとする、中盤から前線の選手の「プレスバック」でした。
 
  相手がボールを保持している時に、相手ゴールに向かってボールを追いかける、いわゆる「プレス」は比較的誰でもできます。しかし、自分の背後で相手チームがボールを保持している時に、自分のゴール方向に戻って守備をする「プレスバック」は、特に精神的にきついものです。
 
 誰もがサボらず献身的にプレスバックする姿は美しく、この試合をマネージメントすることができたのは、献身性の賜物だったと思います。
 
 こうした姿勢を90分間、そしてどんな時も持ち続けることは「日本人らしいサッカー」にもつながっていきます。大げさに言えばUAE戦は、日本サッカーの未来を賭けたような試合でした。その大一番で献身性を保ってゲームプランを完遂した選手たちと、それを実行するロードマップを示したハリルホジッチ監督の功績は大きいと思います。
 
 一方で、課題を挙げるとすれば、「横のつながり」です。縦に関してはプレスとプレスバックでつながっていましたが、横の選手たちのつながりはそれほど感じられませんでした。
 
 それぞれの選手のパフォーマンスは高かったと思います。1対1での勝率は高く、強さを見せました。しかし、横のつながりを欠いているために、ひとつ外された時に一気に危ない場面を作られそうな匂いがしていました。昨日のように1対1の勝率が高ければ問題にはなりませんが、1年と少し先にワールドカップ本大会が迫っていることを考えると不安も残しました。
「デュエル」という言葉の浸透とともに選手たちの1対1や球際の意識は、数年前より格段に高まっています。しかし、常にバランスも意識しなくてはいけません。前半に吉田選手が中盤のラインを越えてきたボールに素早く前に出て反応する場面が何度もありましたが、そうした手をつないで共に動いているような関係性を、横のつながりの中でも形成していくべきだと思います。
 
 攻撃においても、選手たちが有機的につながって攻める場面は限られました。大迫選手や久保選手、ここまで最終予選で日本代表を牽引してきた原口選手。彼らの特長や意欲、好調さは随所で見られましたが、どこか単発の印象はありました。香川選手も本来プレーしたいエリアに潜り込む場面がなかなか作れないために、彼らしさを出す場面は制限されていました。
 
 きっと選手間でもう話されていると思いますが、自分の特長を出せる場面を増やすことに加えて、それぞれの特長がつながりあって攻撃に厚みが感じられるような時間帯も増やしていってほしいと思います。
 
 ただ、ここで挙げた課題はチーム作りのベースの上に成り立つものです。「修正する」というよりは「上乗せする」ものなので、ここからワールドカップに向けて、少しずつ積み上げていけばいいと思います。
 
 UAE戦は、戦術的、技術的、あるいは心理的に90分をマネージメントし、相手に隙を与えませんでした。これを数年前に盛んに言われていた「自分たちのサッカー」とは「真逆」だと捉える方もいるでしょう。しかし、それは違います。どちらも「自分たちのサッカー」なのです。