マイロ・ヴィンティミリアとマンディ・ムーア

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

1.『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
2.『THIS IS US』(NBC)
3.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
4.『ザ・ヴォイス(火曜)』(NBC)
5.『60 MINUTES』(CBS)
6.『NCIS:ニューオーリンズ』(CBS)
7.『LITTLE BIG SHOTS』(NBC)
8.『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』(CBS)
9.『THE BACHELOR』(ABC)
10.『グレイズ・アナトミー』(ABC)

今回発表されたのは、3月13日(月)の週。ランキングの常連で、先日めでたく2シーズン分の更新が決まったCBSの『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は今回はお休み。一方、同局の『NCIS』シリーズは、スピンオフ2作も含めてランクインと相変わらずの強さを発揮している。首位の『NCIS』本家に迫る勢いを見せたのが、NBCの『THIS IS US』。2016年秋スタートのドラマとして最大のサプライズヒットとなり、新作シリーズとしては異例のゴールデン・グローブ賞3部門ノミネートも果たした同作は、シーズン最終話が初の視聴者数1200万人を突破(1284万人)。すでにシーズン3までの製作が決定しており、来シーズン以降もランキングを賑わせることになりそうだ。

この週は、ドラマ以外の番組も健闘。NBCの人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』と『LITTLE BIG SHOTS』が3位、4位、7位につけたほか、ABCの長寿リアリティ番組『THE BACHELOR』がシーズン21の最終回で9位に入っている。(海外ドラマNAVI)