雛形あきこさんは使わない派、辻希美さんは使う派…コンシーラーあなたはどっち派?

写真拡大

 突然ですが、日頃のメイクで「コンシーラー」って使っていますか?

 タレントの雛形あきこさんは、昔からコンシーラーは使わない派なんだとか。代わりにカバー力のあるクリーミーファンデーションを使用していると、18年前の若かりし頃に語っています。

 現在はどうなのかは分かりませんが、とにかく厚塗りしないのが雛形流のよう。地肌をたっぷり保湿してから、ファンデーションを薄く伸ばし、パウダーはパフや筆でピンポイントで気になる箇所に塗るのだそうです。目の下のクマができたときなどはこれでカバーできそうですね。

 一方、タレントの辻希美さんは、むしろ「コンシーラーしか使わない」こともあるようです。ナチュラルメイクのときにはコンシーラーと眉を描き、さらに目じりだけのアイライナーだけで済ませるといいます。

 ナチュラルメイクで行くときは、なるべくファンデーションを塗らないようにしてコンシーラーだけ気になる箇所につけるというのは、ある意味、素肌を大切にするテクニックかもしれません。

 それは、女優の矢田亜希子さんも同様。まずは日焼け止めを塗り、その上にコンシーラーのポイント使いに、チーク、マスカラのみの夏の日もあるそうです。

 今は、コンシーラーをファンデーションに塗り重ねるのではなく、ポイント使い、薄付きメイクに使用するのがトレンドのようですね。